スターウォーズ最新作 レイとレンの○○の意味は?!

ついに日米同時公開!世界中のスターウォーズファンが待ち焦がれたシリーズ最終作が公開になりました。

➖すべて、終わらせる。

意味深なタイトル“スカイウォーカーの夜明け”についても解説します。

劇場ポスターでも表現されているようにスターウォーズは、敵勢力ダークサイドvs反乱軍ライトサイドによる宇宙大戦がテーマ。

正義の味方のライトサイドであり、レジスタンス(反乱軍)のヒーローで“ジェダイ”と呼ばれる戦士が、味方として成長していると思いきや、敵に誘惑されて闇に堕ち、ダークサイドになってしまう。

そんな、いつ何が起こるかわからないまさに日本の戦国時代のような波乱の展開、そしてその中で描かれる家族愛、師弟愛、仲間との友愛といった絆の強さと尊さがこれだけ多くのファンを生み出している1つの理由と言えるでしょう。

スターウォーズ最新作のストーリーとは?

スカイウォーカーの夜明けは、そんな宇宙の波乱を生み出した張本人ダークサイドのダースベイダーを祖父に持つカイロ・レン(ベン・ソロ)と、両親がわからず、自分が何者かを探し続けるレイが主人公の物語。

スターウォーズファンのために、全てのエピソードをおさめただけあり、とにかくスピード感あふれる展開です。

前作に比べて、突然フォースの力をパワーアップさせて戦いに挑むたレイに驚いた方も多いはず。

色々書きたいことはありますが、一番印象的で鑑賞後に気になったのはラストシーンの一部。

ライトサイドに戻ってきたベンとレイの関係って?

ダークサイドのボス・パルパティーンを倒すために、奮闘するレイ。そこにレイから一度はライトセーバーでカラダを貫かれるもフォースの力で命を助けられ、カイロ・レンではなく、ベン・ソロとして共にパルパティーンを倒すために現れたベン。

ただ、2人のフォースの力を取り込んだパルパティーンに、一度はレイもレンも絶体絶命まで追いやられてしまいます。

でもそこで終わらないのがスターウォーズ!!

1作目から登場していた懐かしの歴代ジェダイたちが、気絶したレイを励まします。

君は1人じゃない。

これこそがジェダイの絆!ライトサイドやジェダイの決め台詞である“フォースと共にあらんことを”が、まさに体現されたシーンです。

こうして、力を取り戻したレイはパルパティーンを倒しますが、力を使い果たして息絶えてしまいます。

そこにパルパティーンに吹き飛ばされたレンが登場。ここで、“え、レン生きてたの??!”と思った人も多いはず。前作の“最後のジェダイ”とは異なり、消えたはずが復活したりと、絶望から希望が現れるのが本作の特徴であり、監督JJエイブラハムらしい演出でもあります。

レイとレンがなぜかKISS?!どんな関係なの?

レイに近寄り、抱きかかえて状況を悟ると自分のフォースのヒーリング能力を使うレン。レイは目を覚まし、目の前にいるレンを見つめて、ためらうことなくキスをします。

この瞬間があまりに唐突すぎて、ずっと戦い続けていた2人に“何が今おこった?!”と多くの人が感じたはず。

レンはそのキスを優しく受けとめ、生命を落とします。

レイに一度は助けられた命を、彼女のために使い果たしたレン。そのキスの意味は、恋人同士ではなく、家族に愛されたくてもどうして良いかわからずにダークサイドに堕ちたレンが、ライトサイドに戻ってきたという奇跡と自分の命を救ってくれた感謝の表れなのかもしれません。

とはいえ、あまりに予想外のシーンにスターウォーズファンはきっと色々な考えや感想を持ったはず。

映画鑑賞後にお互いがコメントをしあって、どうストーリーを解釈したかをあらゆる人が話し、議論する。それが監督や制作サイドの真の狙いだと思います。

さまざまなメッセージが込められたスターウォーズ スカイウォーカーの夜明け。

みなさんもぜひ映画館で楽しんでみてください!私ももう一度観たいです❣