まるでパリ本店のアトリエ!シャネルマドモアゼルプリヴェ展


ココ・シャネルとカール・ラガーフェルドという2人の天才デザイナーによる唯一無二のクリエーションで、ラグジュアリーブランド界でもひときわ輝いた存在であり続けるシャネル。
そのシャネルの真骨頂であるオートクチュールコレクションの職人技を目の前で“見て、感じて、体験できる”貴重なイベントがマドモアゼルプリヴェ展です。

天王洲アイルで開催中なので、早速行ってみました!

天王洲アイル駅をでて、サインにしたがって行きます。

ガブリエル・シャネルことココ・シャネルをアイコニックなイラストにした看板が目印。
パリ本店のアトリエが鏡だったことで、それを連想させるイラスト。
イベント内でも、シャネルのアイコンやブランドストーリーがたっぷり堪能できるのですが、このときはまだそれを知らずワクワクしながら看板を通過。

17時からだったので、会場はライトアップされた幻想的な雰囲気。
天王洲アイルは、いつのまにかいろいろなショップが増えていました。川沿いなので、日中に行っても気持ちよさそうなロケーションです。

建物のまわりには、シャネルの香水の香りが包み込んでいました。
こういった細部まで演出をこだわるのが、さすがシャネル!


2015年にはじまったこのマドモアゼルプリヴェ展。
ロンドン、ソウル、香港、上海、そしてついに待望の日本上陸というイベントで、ネットで「MADEMOISELLE PRIVE」で検索すれば、海外での様子もチェックできます。
東京では、2019年12月1日まで開催中だそう。
詳しい展覧会の内容は、また次の回で!

ランキング参加中!応援お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ